ESD連続公開講座

学ぶ喜び・ESD連続公開講座
 

奈良市ESD連続セミナー

奈良ESDセミナー
 

ESD実践事例集

ESD実践事例集
 

ESD学生支援活動


 

彦根市ESD連続セミナー

彦根市ESD連続セミナー
 

ESDに関する研究

 

学校間交流


 

橋本市ESD連続セミナー


 

エトセトラ

 

奈良ESDコンソーシアム 日誌

最近の出来事
12345
2017/03/23new

第13回世界農業遺産勉強会

| by nakazawa
第13回世界農業遺産勉強会を行いました。『食卓から地球環境が見える』の第3章「日本の食卓は今」と第4章「「食」の現状」を飛鳥小学校の大西先生がレジュメをつくって勉強会に臨んでくださいました。
農業・漁業・林業といういわゆる第一次産業を生業として成立させるkとを通して、自然環境を守っていくというのが、環境保全の本筋だと思っていますが、それを成り立たせるためには、食育や消費者教育の重要性が述べられています。つくる側と食べる側の双方向の価値観の変革が求められています。

第13回世界農業遺産勉強会レジュメ.pdf
第13回世界農業遺産勉強会概要報告.pdf
13:02
2017/03/22new

ユネスコクラブ卒部式

| by nakazawa
昨日、奈良教育大学ユネスコクラブの卒部式がありました。今回はクラブ創設以来の後藤田君、横井さん、二階堂君がめでたく修士課程を終えた他、多くの4回生も卒部していきました。

後藤田さん:ユネスコクラブの基盤をつくった後藤田君。6年間ありがとう。本当に
      色々助けてくれました。私は4月から後藤田君なしでやっていけるか、
      不安なのです。

横井さん :「かなかな」で登場し、泊まりに来たり、文化財デカで変身したり、
       一緒に出版したり、色々あったけど、これからも近くにいるような
       のでよかったです。

二階堂さん:二階堂君をユネスコクラブに引っ張り込んだあの日のこと、今もよー
      く覚えています。無理矢理巻き込んで大正解でした。

粂さん  :泣いたり笑ったり、粂さんは人生を楽しんでいる人ですね。そして、
      ユネスコクラブの留学コースを開拓したのは粂さんで
す。あと2年、
      一緒に活動しよう!

仲君   :野外活動・社会科・ESDとよく頑張った。4月から、たとえ「へき地」
      に行っても、奈良ESD連続セミナーには参加して
くださいよ。

坂野君  :坂野君にはみんなを元気に盛り上げる才能があると思います。キャン
      プのたびにそう感じてました。4月からはお客さんを
元気に盛り上げて
      くださいよ。

米澤さん :前日のホテルのロビーでいきなり台本を渡して練習。翌日、学長も巻
      き込んで、ウインク愛知で一緒に劇をしましたね。米
ちゃんは度胸の
      ある人です。

吉門さん :あなたは、扇の要のような人ですね。吉門さんがいなかったら、ユネ
      スコクラブはどこかへ飛んで行っていたかもしれませ
ん。感謝してま
      す。

佐野さん :いざというときに頼れる腰痛のピッチャー。大仏鉄道フィールドワー
      クが、佐野君のおかげで授業化できました。

堀口さん :「責任感」というESDの価値観がありますが、4年間で一番成長したん
      じゃないかな。いい部長でした。4月からはESD
ミナー(現職教員)
      の一員ですね。

田中君  :マルクス・アウレリウス・タナトゥスに実ははまっていたのだ。演技
      力抜群!楽しかった!

浅野さん :ESD子どもキャンプや玉川大学との合同スタディツアーに参加してく
      れました。ここで学んだことを、先生になって活か
してくれたらうれ
      しいです。

藤田さん :1回生の頃からESD子どもキャンプに参加してくれましたが、特に2
      生でアドベンチャータイム担当リーダーでは、綿
密な事前調査をして
      くれていました。とても感心していたんです。

黒木君  :4回生の後期、一番しんどいときに助けてくれてありがとう。4月から
      和歌山のESD研修で、一緒にできたらいいですね。

  


11:55
2017/03/16

南九州地方での調査概要

| by nakazawa
3月11日から14日にかけて、宮崎県・熊本県で調査を行いました。
宮崎県では、東大寺大仏殿の大虹梁を伐採したえびの市にある白鳥神社で宮司の新宮様に色々とご案内いただきました。2本の赤松を伐採しているのですが、そのうちの1本の根堀跡はまだ不明とのことです。また、山から国分新川口に搬出したルートも未定とのことです。このルート探索に挑戦されたのが、えびの市民図書館の方々です。そのことから、市民図書館、歴史民俗資料館でもお話をうかがうことができました。えびの市の小学生と奈良市の小学生が大仏様のご縁で交流できればいいと思いました。
熊本県では水俣市環境クリーンセンターを訪問し、資源の循環について竹下所長、吉富様にご案内いただきました。水俣市では1992年の環境モデル都市宣言から4つのLにこだわった、市民主体のゴミ処理、資源循環型社会の実現に取り組んでいます。4つのLについては、概要報告を作成しましたので、そちらをご覧下さい。
水俣市環境クリーンセンター視察・聞き取り調査概要報告.pdf

  
11:32
2017/03/09

彦根市ESD連続セミナー

| by nakazawa
表題では、連続セミナーとなっていますが、担当者の体調不良のため、今年度は彦根ユネスコ協会を対象としたセミナーを2回、河本先生にお願いしました。そして、今回の1回だけになってしまったのですが、彦根市教育委員会の指導主事研修として「次期学習指導要領とESD」をテーマに話題提供させていただきました。次期学習指導要領でも、目標は先行き不透明な社会にも自己実現を図ることができる「生きる力」の育成であり、「生きる力」は3つの資質・能力によって構成されるとされています。一つ目が教科等で育成される資質能力、二つ目に言語能力など全ての教科の基盤となる資質能力、三つ目に現代的諸課題に対応できる力です。この三つ目がESDと深く関わると考えています。
研修会で使用したプレゼンデータはこちらです。
3.09次期学習指導要領とESD.pdf
11:19
2017/03/07

第6回ESD社会科理論研究会を開催しました

| by nakazawa
ESD社会科理論研究会では、デューイの『学校と社会』をテキストに勉強しています。

翻訳自体も古いものですので、なかなか読みづらいところもありますが、古典にあたるのもよいものです。
一人ではなかなか読み進めることができなくても、このような機会があることで続けることができます。

今回は、第6章「仕事の心理」、第7章「注意の発達」を平群北小学校の中澤哲先生が担当して下さいました。
学習における興味、動機、問題などについて色々と意見を交わすことができ、今回も充実した時間となりました。

次回は、3月30日(木)17時から中澤研究室で開催します。
いよいよラストの第8章は、平城小学校の新宮先生が担当です。

また、次回からテキストが変わります。『学びとは何か』(今井むつみ、岩波書店、2016年)を用いて、
子どもはどのように学ぶのかを考えます。

これまでの教え方中心の研究から学びかた中心の研究に移行します。
参加したい方は、ご連絡下さい。

今回のレジュメと概要報告はこちらです。
第6章・7章レジュメ.pdf
第6回概要報告.pdf

  

10:50
2017/02/18

奈良ESDコンソーシアム成果発表会

| by nakazawa
平成28年度の奈良ESDコンソーシアム成果発表会を開催しました。
参加者数:児童67名、大人62名
午前中は、ESD子どもファーラムで、奈良市立飛鳥小学校、橿原市立白橿北小学校、
彦根市立城北小学校、彦根市立城西小学校の児童の皆さんが、一年間の成果を元気に発表してくれました。
また、橋本市立あやの台小学校はスカイプで発表してくれました。
途中音声が途切れたりしましたが、意気込みは十分に伝わりましたよ。

午後は本学の第5次陸前高田市文化遺産調査団の報告、陸前高田市の方による復興の現状についての情報提供,
そしてESDシンポジウムと、盛りだくさんの一日でした。

成果発表会の概要報告は、近日中に掲載予定です!

  

23:24
2017/02/16

第11回奈良ESD連続セミナー

| by nakazawa
19時より次世代教員養成センター2号館に、先生方が三々五々集まってこられました。
11回目の連続セミナーです。

今回は、先生方が作成されたESD学習指導案の検討会です。

奈良の先生方から8本、本学の学部生・院生からは3本の指導案が提出されました。
また、橋本市ESD連続セミナーで作成された7本の指導案も検討されました。

これは、今年度から始まったESDティーチャー認証と関わるものですから、皆さん、真剣です。
若干の修正が必要とされた指導案もありましたが、なかなかクオリティが高いものが多かったです。
みなさん、ESDティーチャーとして認証されることを願っています。

第11回奈良ESD連続セミナーの概要報告はこちらです。

次回、第12回は3月10日(金) 19:00~です。

    
15:23
2017/02/15

橋本市立三石小学校ESD研修会

| by nakazawa
橋本市立三石小学校で開催されたESD研修会に参加してきました。

三石小学校の森本校長先生は、昨年まで紀見小学校の校長先生をされていた関係で、
紀見小学校の先生方もたくさん参加されていました。森本校長先生のお人柄ですね。

テーマは「道徳教育とESDの関連を考える」です。

よき生き方をするための規範として、道徳と倫理があります。
この二つの違いは何でしょう。

道徳はある地域または社会で承認された規範です。
地域によって、時代によってその内容が変化する相対的なものです。

一方、倫理とは、地域や時代にかかわりなく、求められる規範でしょう。
このグローバル化した社会を生きる子どもたちに育むべきものは道徳でしょうか倫理でしょうか。
そしてグローバル化した社会で求められているESDの視点と倫理の関係について、参加された先生方と考えました。

あんまり考えたので、写真を撮るのを忘れました。ごめんなさい。
15:16
2017/02/14

指導案作成サポート

| by nakazawa
今日はバレンタインデーのはずですが、そういうことには一切かかわりなく、奈良ESD連続セミナーの先生が、大学生のESD指導案作成サポートのために来てくださいました。奈良市立大宮小学校の池見先生です。サポートを受けているのは、学部4回生の黒木君です。黒木君は、地元和歌山の偉人浜口梧稜さんの教材開発に取り組んでいます。なかなかいいネタで、社会科と防災の両方を一度に学び、自らの生き方や災害発生時の行動について考える内容となっています。
昨日は、奈良市立済美小学校の石田先生が学部4回生の堀口君の、奈良の鹿寄せを題材とした6年生算数科「速さ」の指導案の作成サポートをしてくださっていました。奈良ESD連続セミナーでは、学生と現職教員が共に学ぶ場を提供していますが、現職の先生方から現場で使える指導案の作成方法を学ぶことができるのも大きなメリットです。


15:08
2017/02/13

第3回ESD実践勉強会

| by 管理者
2月12日(日)、奈良教育大学で「第3回ESD実践勉強会」が行われました。

これは、本学の学生企画活動支援事業として採択を受けて実施している事業で、
本年度で2年目を迎えました。

今回は、えひめグローバルネットワークより、竹内よし子様を講師として招聘し、
ESDの教材開発についての体験型の勉強会を行いました。

午前中は学生の自主的な勉強会として、SDGsについての勉強会が行われました。

午後は本分として、竹内様から、えひめグローバルネットワークの紹介やモザンビークでの国際協力についてのお話、
またオリジナルのESD教材の紹介をしていただき、実際にそれらの教材を体験し、教材化の可能性を話し合いました。

ESDの教材化について、参加者一同大変有意義な学びを得ることができました!

また、奈良教育大学附属中学校でESDと出会い、現在は愛媛大学で学んでおられる学生も来てくださり
「ESD」というキーワードをもとに、強いつながりを感じました。



次回は3月21日(火)に第4回ESD実践勉強会として、
大学外での様々なESD活動の参加報告会を予定しております。
興味のある皆さんはぜひご参加ください。

16:47
12345