ESD・課題探究教育部門は4つの領域で構成されています

教員養成カリキュラム開発領域

・教育実習指導
教員免許更新講習
教職ノート(ポートフォリオ)
・実際の学校教室を模した「モデル教室」の運用
・ケースメソッド
   (実際に起こったケースを用いて、実務能力を育成)
・学生の窓口としての教師力サポートオフィスの
    運営などに関すること


 

ESD・教材開発領域

・ASPUnivNetに関すること
 (ユネスコスクール支援大学間ネットワーク)

・ESDセンター校的活動に関すること

・ESDの理論と実践に関すること



 

学校・地域教育支援領域

【スクールサポーター研修・認証制度】
  1. スクールサポーター1級
    1級取得のためのレポート課題:活動報告書様式(pdf) :絵文字:会議活動報告書の書き方
  2. スクールサポーター2級
こどもパートナー養成・認証制度
  1. こどもサポーター
  2. こどもパートナー
・学生のボランティア活動参加促進・キャリア教育の展開
(ボランティアサポートオフィス 【学生ボランティア】)

・その他研究開発、調査などに関すること

・人権と文化多様性、環境を重視する持続発展教育の
 内容と方法に関する理論的実践的研究と教育
・人権及び市民性教育に関わる企画・コーディネーション



 

教育臨床・学校カウンセリング領域

・地域の現職教員・保護者等への研修会の開催
・スクールカウンセラー研修支援
・教員・保護者等の来校による個別相談
・実践セミナーの開催などに関すること