ボランティアサポートオフィス

News & Topics

 

2020/01/31

ボランティア・サポート・オフィス・メールマガジン 第16号(2020.2.1)

| by kobijiro

 2月は後期試験があります。試験終了後、ボランティア活動はどうでしょうか。ボランティア・サポート・オフィス・メールマガジンの第16号をお届けします。

 

ボランティア情報

1.Teamプレイズ サッカー練習会 

さまざまな障がいのある子どもたちにサッカーを楽しめる場を提供し、未来へとつなげていくために設立されたチームです。一緒に運動することを楽しみ、一緒に笑い合える人を募集します。チーム名のプレイズは、play with(一緒にプレーする)praise(賞賛する)という2つを合わせた言葉です。サッカーの指導の出来る人は指導もお願いします。特別支援教育の勉強をしてみたい・将来スポーツ指導に関わりたい人は来て下さい。

*日時 224() 10:0012:00

*場所 ファインプラザ大阪 運動場(堺市南区城山台51-2)

*集合 開始の30分前 会場 *動きやすい服装、運動靴 *締切 実施日の前日まで

*主催 Teamプレイズ

 

2.奈良家庭・少年友の会 学生ボランティア部

 家庭裁判所で少年の更生を見守る「奈良家庭・少年友の会」の学生ボランティアを募集します。年間を通して少年達が参加する奈良公園の清掃活動等に一緒に参加、学習指導支援をすることもあります。

少年院など施設の見学会などの研修もあります。

興味がある学生は1年間の活動を振り返る交流・説明会に参加、登録してください。

*交流・説明会 33()103012:00

*会場 奈良家庭裁判所 *服装 普段着で構いません。

*来年度活動を希望する学生は必ず参加してください。 *締切 220()

*主催 奈良家庭・少年友の会(奈良家庭裁判所内)

 

3.骨髄バンクドナー 登録説明員養成研修会

骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血など治療が困難な血液の病気に有効な治療法です。健康な人からの骨髄等の提供が不可欠です。患者さんのために一人でも多くのドナー登録が必要です。ドナー登録会で説明する説明員を募集し、養成研修会を行います。医療に関する特別な知識は必要ありません。

*日時 37() 13:3016:45 

*場所 奈良県赤十字血液センター2階(大和郡山市筒井町600-1
       近鉄筒井駅から徒歩3

*内容 講義・ロールプレイング  *募集人数 15(先着順)

*申込 FAXか郵送  *締切 34() 

*問合せ先  奈良県医療政策局健康推進課 難病・医療支援係

 

4.児童家庭支援センターあすか フリー・スペースと学習支援

不登校傾向の小・中学生対象に居場所作りと定期的なレクリエーション活動と、個別学習指導を通してのメンタルサポートをしています。協力者を求めています。

*活動曜日時間 フリースペース「飛鳥」 毎月第2・4土曜日9:3012:30

        学習ボランティア 月~土曜日の午前・午後  月1~2回 190分程度

*活動内容 スポーツ・調理実習など及び個別学習指導

*活動場所 児童家庭支援センターあすか、他  (近鉄・JR桜井駅から南へ徒歩13分)

*交通費補助あり

*主催 児童家庭支援センターあすか

 

5.日本語教室で国際貢献

日本で暮らす外国人が日本語を学ぶための支援です。多文化共生社会を目指す取り組みです。外国人との交流や日本語教育に関心のある人は参加してください。

*日時 毎週火曜日 18:3020;00 毎週日曜日 10:0012:00
     
(第5週は交流会、月2回以上参加可能な人)

*会場 奈良市中部公民館(三条通り奈良市観光センターの上)

*活動 日本語学習の支援 *年会費 会員登録(年間2000)が必要

*主催 ナラ・ファミリー&フレンド

 

*それぞれのボランティア募集の詳細を知りたい人はボランティア・サポート・オフィスへ来て下さい。新しいものは追加していきますので、他にもボランティア情報があります。ボランティア・サポート・オフィスは、次世代教員養成センター2号館内にあります。月、水、金の午前10時から午後5時まで相談員がいます。

 

*ボランティア相談員の体験から‥‥一人の生徒

 ネパールの学校に兄弟で来ている生徒がいました。彼らの家は、学校から歩いて1日半の所でした。車道はなく、歩いて行くしかありません。兄弟で学校の近くに下宿しながら勉強していました。私は弟の数学を担当していましたが、兄に授業はしていませんでした。夏の日の夕方、兄が私の下宿先を訪ねてきました。暑い時期でしたので学校は早めに終わり、私は昼食後昼寝をしていました。数学を教えてくれというのです。そんなことがしばらく続きました。後で分かったのですが、学校にインド人の数学教員がいて彼は町でお金を取って放課後に塾をしていたのです。田舎から来ている彼にはそこまでのお金がなかったのでしょう。教育格差がこのようなところにもありました。

             

○ボランティア・サポート・オフイス

 https://jisedai.nara-edu.ac.jp/open/netcommons/htdocs/?page_id=338

○ボランティア相談員 小尾二郎(volunteer@nara-edu.ac.jp
11:54
 連絡先                             
  国立大学法人 次世代教員養成センター    
ESD・課題探究部門 学校地域支援領域    
ボランティアサポートオフィス      
:0742-27-9366 Mail:kobijiro

 

ボランティア相談日予定表

■ ボランティアコーディネータ 
小尾 二郎
℡:0742-27-9366
   Mail:kobijiro「@」nara-edu.ac.jp 
 (「@」は、@に置き換えてください)
絵文字:二人相談時間絵文字:二人
【4~8月】及び【10~2月】
毎週 月・水・金曜日(午前10時~17時)

大学の休日、試験期間中などはお休みと
 させていただきます。
学外者対象

学生対象

その他
 東日本大震災関連

■ 問合せ先  

 奈良教育大学
  次世代教員養成センター
   ボランティア・サポート・オフイス

E-mail:volunteer「@」nara-edu.ac.jp 
 (「@」は、@に置き換えてください)
℡:0742-27-9366
fax:0742-27-9366