ボランティアサポートオフィス

News & Topics

 

2020/02/28

ボランティア・サポート・オフィス・メールマガジン 第17号(2020.3.1)

| by kobijiro

ボランティア・サポート・オフィス・メールマガジン 第17号 2020.3.1

 

 3月といえば卒業式。卒業される方の今後の活躍を期待します。ボランティア・サポート・オフィス・メールマガジンの第17号をお届けします。(新型コロナウィルスの影響で中止となったボランティア募集がいくつかあります。)

 

ボランティア情報

1.大阪府教育センター 学生協力員

 大阪府教育センターが所管する高校生のための教育支援センターで学生協力員を募集します。ここでは心理的要因等により教室への入室が困難な状況にある高校生の学校復帰への支援を行っています。様々な問題を抱える高校生の支援と自らの学びの為学生協力員になりませんか。

 活動期間 5月中旬~、週1回程度

 活動曜日 月~金(土日、祝、学校の長期休業中は休室)

 活動時間 9:30~16:00

 会場  大阪府高等学校教育支援センター(地下鉄我孫子駅10分)

 交通費補助あり

詳しくはボランティア・サポート・オフィスで相談してください。

 

2.日本語教室で国際貢献

日本で暮らす外国人が日本語を学ぶための支援です。多文化共生社会を目指す取り組みです。外国人との交流や日本語教育に関心のある人は参加してください。

 日時 毎週火曜日 18:3020;00

      毎週日曜日 10:0012:00

     (第5週は交流会、月2回以上参加可能な人)

 会場 奈良市中部公民館

     (三条通り奈良市観光センターの上)

 活動 日本語学習の支援

 年会費 会員登録(年間2000)が必要

 主催 ナラ・ファミリー&フレンド

 

*それぞれのボランティア募集の詳細を知りたい人はボランティア・サポート・オフィスへ来て下さい。他にもボランティア情報があります。ボランティア・サポート・オフィスは、次世代教員養成センター2号館内にあります。3月は、9日、16日、25日に相談員がいます。それ以外の日はメールで連絡ください。(文末にメールアドレスを表示)

 

*ボランティア相談員の体験から‥‥高校卒業認定試験

 私がネパールにいた頃、小学校5年、中学校2年、高校3年の10年間で高校卒業となりました。今は12年間に移行しているところです。高校の学習が終わると、全国一斉の高校卒業認定試験がありました。合格しないと大学へは入学できませんでした。合格しても成績によって、大学で勉強したいことが選べないということになりました。首都にある学校の合格率が高く、地方の学校の合格率は低いでした。お金のある家は、子どもを首都にある学校、合格率の高い私立の学校に行かせることができます。貧しい家は子どもを学校に行かせられないということになります。そういう子どもの家に奨学金を出す団体があります。子どもが学校に行けないという問題は、今も続いています。

             

○ボランティア・サポート・オフイス

 https://jisedai.nara-edu.ac.jp/open/netcommons/htdocs/?page_id=338

○ボランティア相談員 小尾二郎(volunteer@nara-edu.ac.jp


11:45
 連絡先                             
  国立大学法人 次世代教員養成センター    
ESD・課題探究部門 学校地域支援領域    
ボランティアサポートオフィス      
:0742-27-9366 Mail:kobijiro

 
■ ボランティアコーディネータ 
小尾 二郎
℡:0742-27-9366
   Mail:kobijiro「@」nara-edu.ac.jp 
 (「@」は、@に置き換えてください)
絵文字:二人相談時間絵文字:二人
【4~8月】及び【10~2月】
毎週 月・水・金曜日(午前10時~17時)

大学の休日、試験期間中などはお休みと
 させていただきます。
学外者対象

学生対象

その他
 東日本大震災関連

■ 問合せ先  

 奈良教育大学
  次世代教員養成センター
   ボランティア・サポート・オフイス

E-mail:volunteer「@」nara-edu.ac.jp 
 (「@」は、@に置き換えてください)
℡:0742-27-9366
fax:0742-27-9366